京都でケロイド治療が受けられるおすすめクリニック3選 » ケロイドの種類について » 肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)

肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)

肥厚性瘢痕とは

手術あとやけがの傷あと、火傷のあとを修復しようとして、線維芽細胞がコラーゲンを過剰に作り過ぎてしまうことにより、炎症して赤く盛り上がってしまうことで作られるものです。この盛り上がりは真性ケロイドとは違い、傷の部分以外に広がることはなく、痛みや痒みがともなうこともありません。基本的には半年~数年程度で自然に治まり治癒するといわれています。

しかし、治癒にかかる期間は人によって異なるため、気になる場合はすぐ治療を受けることをおすすめします。手術時の切開方向や縫合方法が適切でないことなどによっても生じることがあり、体質ではなく誰にでも生じる可能性があるのも特徴の1つです。

日常的によく動かす肩などの関節付近や前胸部、口の周りにできやすいという特徴もあります。

肥厚性瘢痕の主な治療方法

保存的治療

ケロイド自体を切除する手術を行い、術後の傷が赤いうちは皮膚の動きによって形状が変化する可能性もあるため、約3ヶ月患部を固定するために接着スプリントというスポンジやシートなどで固定治療をします。基本的に体質・遺伝的ものではないので、真性ケロイドのように放射線治療は必要ありません。

またステロイド軟膏やヒルドイド軟膏などの外用薬で、ケロイド組織の炎症を抑える方法。あるいはリザベンという内服薬や柴苓湯(サイレイトウ)という漢方薬を服薬して、傷の回復を早める治療を行うことも多いようです。

レーザー治療

肥厚性瘢痕の部分に弱いレーザー光線を当てる内科的レーザー治療というものがあります。肥厚性瘢痕の中の血管を破壊したり、過剰に作られたコラーゲンの分解を促進したりすることで、肥厚性瘢痕を改善します。

レーザーの種類は病院によって様々。直接医師に自分の症状に見合った治療法はないか、相談をするのがおすすめです。

固定治療

傷ができた場合には不要な力がかからないように、テープで保護するなどしてしっかりとケアをします。

万が一手術などを行う場合は、執刀医に傷を最小限にしてもらうようにお願いしたり、術後は傷に刺激を与えすぎないように一定期間は激しい運動や仕事をしないようにすることを心がけるのが重要です。

・ケロイドの治療期間について

治療期間の平均目安は、半年~1年になります。
ただしサイズ5cm以上のものに関しては、1年の治療後3~5年フォローアップをおすすめしてます。

・ケロイドの治療費用について

治療の費用につきましては、治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。

・ケロイドの治療における副作用について

治療方法によっては、お肌への後遺症や体内に何らかの副作用が伴う可能性もございます。
クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。

最寄り駅から徒歩1分!        京都でケロイド治療が
受けられる
おすすめクリニック3選
烏丸姉小路クリニック
烏丸姉小路クリニック_共通パーツ
引用元HP
http://www.dr-tomoko.com/
治療保険,自由診療
最寄烏丸御池駅
電話075-229-6388
公式HPで
治療内容を見る
すなおクリニック
すなおクリニック_共通パーツ
引用元HP
https://sunao-clinic.com/
治療自由診療
最寄河原町駅
電話075-254-7331
公式HPで
治療内容を見る
鈴木形成外科
鈴木形成外科_共通パーツ
引用元HP
https://haruesuzuki.com/
治療自由診療
最寄三条京阪駅
電話075-752-1533
公式HPで
治療内容を見る