京都でケロイド治療が受けられるおすすめクリニック3選 » ケロイドになりやすい体質とは

ケロイドになりやすい体質とは

ケロイドがなぜできるのか、自分がケロイド体質であるのか見分けるポイントがあるのか、予防や対策方法についても紹介します。

ケロイドができる原因とは?

ケロイドができる原因というのは明確には解明されていません。一般的には、けがや手術が原因でケロイドになることが多いといわれています。

しかしBCG注射やにきび、虫刺されなどの軽度の皮膚損傷、アレルギー体質の人などもケロイドが発生する場合があり、遺伝的な体質に関係しているのではないかともいわれています。

年齢で言うと、5~30歳で多くみられています。ちなみに、遺伝でケロイドになってしまうことは「家族性ケロイド症」とも呼ばれています。

また、根拠があるわけではありませんが皮膚の色が濃いほど、白人よりも黒人の方がケロイドができやすいとの報告もされています。

ケロイド体質か
見極める方法は?

家族性ケロイド症とも呼ばれるほど、原因として遺伝が疑われるため、まずは家族や親戚の中にケロイド体質の人がいるのかどうか確認してみると良いでしょう。もし、ケロイド体質の方がいると、ご自身もケロイド体質の可能性が高いかもしれません。

他の方法としては、にきびや虫刺されの治り方で判断するというのもあります。にきびや虫刺されが赤く盛り上がったり、果実が熟れてしまったような症状になりやすい人は必ずしもではありませんが、ケロイド体質である可能性があります。神経質になる必要はありませんが、少し気をつけて観察することをおすすめします。

ケロイドの予防方法や
対策をチェック!

ケロイド体質であれば、わずかな外傷がケロイド発生の原因になってしまうことがあります。あまり神経質になりすぎる必要はありませんが、ケロイド体質の可能性が高い人はにきびができないように生活習慣に気をつけたり、ピアスの穴をあけることを避けたり、不必要な手術を避けたりするだけでも予防にはなります。

また、血流が増加するとケロイドの痛みや痒みが増すということから、ケロイドの悪化因子として、唐辛子やニンニク、カレーなどの刺激物、アルコール飲料などなどが言われています。

日常生活で完全に避けるまでの必要はありませんが、ケロイド体質である人はあまり積極的に取り入れることはおすすめしません。また外傷やにきびがある時は、摂取をしないようにするなど心がけましょう。

・ケロイドの治療期間について

治療期間の平均目安は、半年~1年になります。
ただしサイズ5cm以上のものに関しては、1年の治療後3~5年フォローアップをおすすめしてます。

・ケロイドの治療費用について

治療の費用につきましては、治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。

・ケロイドの治療における副作用について

治療方法によっては、お肌への後遺症や体内に何らかの副作用が伴う可能性もございます。
クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。

最寄り駅から徒歩1分!        京都でケロイド治療が
受けられる
おすすめクリニック3選
烏丸姉小路クリニック
烏丸姉小路クリニック_共通パーツ
引用元HP
http://www.dr-tomoko.com/
治療保険,自由診療
最寄烏丸御池駅
電話075-229-6388
公式HPで
治療内容を見る
すなおクリニック
すなおクリニック_共通パーツ
引用元HP
https://sunao-clinic.com/
治療自由診療
最寄河原町駅
電話075-254-7331
公式HPで
治療内容を見る
鈴木形成外科
鈴木形成外科_共通パーツ
引用元HP
https://haruesuzuki.com/
治療自由診療
最寄三条京阪駅
電話075-752-1533
公式HPで
治療内容を見る